交通事故弁護士

外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、自賠責で12級が認定された事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、自賠責で12級が認定された事例

後遺障害等級:
12級13号
ご依頼者様の症状:
外傷後ストレス障害(PTSD)
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス

事案の概要

ご依頼者様は兼業主婦の女性で、普通乗用車の助手席に同乗していたところ、交差点で、左方から信号無視の四輪車に突っ込まれるという事故に遭われました。

骨盤骨折及び肋骨骨折等と身体の負傷も大きかったのですが、精神障害がより重症で、事故のストレスからPTSDを発症し、パニック発作に対する予期不安・恐怖感、外出困難、意欲低下、不眠と昼夜逆転、音や光に対する過敏性、抑うつ気分、罪責感等の症状のため、就労・家事・育児が困難となっていました。

ご依頼者様とご家族様は、上記症状を踏まえて、弁護士に依頼して自賠責保険に対する後遺障害認定申請を行う必要を感じられ、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

自賠責に対する後遺障害認定申請については、医師にICD-10、DSM-Ⅳなどの臨床基準に基づくPTSD診断と非器質性神経障害にかかる所見の作成を依頼するのみならず、ご家族にご協力いただいて、各精神症状に関する具体的なエピソードを聴き取り、就労、日常生活への支障を詳細に説明しました。

結果、本件事故による脳の器質的損傷を伴わない精神障害と認められ、自賠法施行令別表第二第12級13号が認定されました。

ご依頼者様の症状をかんがみると、認定結果に対する異議申立ても検討されましたが、ご本人の意向により、異議申立ては行わず、示談交渉を進めることにしました。

示談交渉においても、相手方保険会社より、兼業主婦であるのに家事従事部分が考慮されない休業損害が提示される、後遺障害による逸失利益が極めて短期間に制限されるなどの問題がありましたが、最終的には休業損害、逸失利益、慰謝料等すべて赤本ベースでの解決となり、総額1,200万円を超える損害賠償を獲得することができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら