交通事故弁護士

専業主婦の休業損害を賃金センサスの平均年収額に基づき請求した事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

専業主婦の休業損害を賃金センサスの平均年収額に基づき請求した事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
末梢神経障害
争点:
賠償金額
休業損害
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害(日額) 5,700円 9,718円
休業損害(期間) 1か月分 80日分以上

事案の概要

ご依頼者様は、渋滞中に停車していたところ、ご依頼者様の2台後ろの車が後続車に追突し、その後続車が追突の衝撃でご依頼者様の車に追突したという玉突き事故に巻き込まれました。

この事故により、ご依頼者様は、頸椎捻挫・末梢神経障害等の傷害を負いました。

ご依頼者様は、整形外科や整骨院への通院を重ねられ、後遺障害14級9号の認定を受けました。

その後、ご依頼者様は、加害者の加入する保険会社から賠償額の提示を受け、提示された賠償額で示談してしまってよいのか、妥当な金額かどうかを疑問に思われました。

そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、休業損害に関して、ご依頼者様は専業主婦であり、保険会社からは、自賠責保険を基準として日額が5,700円、期間が1か月分の金額を提示されていました。

しかし、交通事故事業部の弁護士がご依頼者様の代理人となったことで、裁判を基準としていわゆる賃金センサスの女性全年齢の平均年収額をもとに日額を9,718円とすることが出来ました。

さらに、ご依頼者様は、通院日数も多く、お子様もいらっしゃったので、家事に多大な支障が出たことを弁護士が具体的に説明した上で交渉した結果、期間も80日分以上の休業損害を請求することが出来ました。

そして、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料、逸失利益に関しても、保険会社からの提示額は、自賠責保険の基準や保険会社側の基準で賠償額が提示されているにすぎませんでした。

しかし、弁護士が代理人となったことで、賠償額の算定も裁判基準で交渉を進め、傷害慰謝料額は20万円以上、後遺障害慰謝料は60万円以上、逸失利益も約20万円という賠償額の増額に成功し、最終的に賠償額は当初から倍増額にして160万円以上増やすことができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら