交通事故弁護士

国産車の交通事故で、3割の評価損を獲得できた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

3割の評価損を獲得できた事例

争点:
評価損
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0 修理費の3割分 評価損が発生しうる根拠を立証

事案の概要

ご依頼者様は、交差点で右折待ちをしていたところ、後ろから追突されるという事故に遭われました。

ご依頼者様としては、人身傷害や修理費を賠償してもらうのは当然のこととして、購入してから約1年弱の車であったため、評価損についても支払ってほしいと主張しましたが、保険会社担当者から、被害に遭ったのはいわゆる高級車とはいえない国産車であり、支払うことはできないと言われたため、当事務所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当事務所の弁護士が、判例等を精査し、高級車とはいえない国産車であっても評価損が生じうること、被害に遭った車が登録から1年弱の車であったこと、走行距離が約6,000kmほどであり少なかったこと、修理見積もりから損傷が大きいことなどを丁寧に主張・立証しました。

その結果、最終的には、修理費の3割分の評価損が認められました。

保険会社は、評価損は、外車や国産高級車に認められるものと主張してくることも多いですが、新車であるなど、評価損が発生しうる根拠を丁寧に主張・立証していけば、高級車ではない国産車であっても評価損が認められる余地は十分にあることが証明できた事例といえるでしょう。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら