交通事故弁護士

脊柱の障害(後遺障害8級)の増額事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

脊柱の障害(後遺障害8級)の増額事例

後遺障害等級:
8級
ご依頼者様の症状:
胸椎圧迫骨折
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故により胸椎圧迫骨折等の傷害を負い、骨は癒合したものの、腰部痛及び後屈時の運動障害等が残り、「せき柱に中程度の変形を残すもの」として、自賠法施行令別表第二第8級相当と認定されました。

もっとも、ご依頼者様は、私病による治療中断期間があったこと、事故前の収入が低かったこと等から、相手方保険会社より妥当な賠償額が提示されるのか疑問に感じたことから、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は早期の解決を希望されていましたが、せき柱の変形障害は労働能力喪失期間が争われることが多いため、相手方保険会社との交渉には時間がかかることが見込まれました。

そこで、まず、自賠責に対して被害者請求を行い、8級の保険金となる819万円を回収することにし、その間、ご依頼者様から日常生活や仕事に対する制限や影響を聴き取ったり、判例を調査したりすることにしました。

自賠責保険からの賠償額を回収したうえで、相手方保険会社に対し、赤本基準での賠償案を提示しましたが、相手方保険会社の回答額とは大きな開きがありました。

また、こちらは、文献や判例を適示しながら粘り強く交渉を行いましたが、相手方保険会社担当者の対応が遅く、遅々として進まなかったため、保険会社に対し、厳しい態度を示したところ、相手方保険会社側に代理人が就くことになりました。

結果、迅速な交渉が可能となり、当初の相手方保険会社の回答額から1,300万円程増額して示談することができました。

ご依頼者様の主張を文献や判例に基づいて丁寧に裏付けたうえで主張立証すれば、適正な賠償額を獲得することが可能であると実感した事例でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら