交通事故弁護士

ドライブレコーダー映像により100:0の過失割合にできた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ドライブレコーダー映像により100:0の過失割合にできた事例

後遺障害等級:
なし
争点:
過失割合
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 5割 無過失 過失減額ゼロに

事案の概要

ご依頼者様が、センターラインのない道路を走行していたところ、反対方向から走行してきた加害者運転車両が、ご依頼者様が走行している側にはみ出してきて接触したという事故でした。

幸い、ご依頼者様にお怪我はありませんでしたが、運転されていた車両が破損したため、損害賠償の請求をしていたところ、修理代に関して、相手方保険会社からセンターラインがない道路であることなどを理由に、5:5の過失割合を提示されました。

しかし、ご依頼者様としては、自身では避けようのない事故であり、仮にご自身に過失が付くとしても、5割の過失がつくことはあり得ないと考えられ、過失割合を少しでも有利にするために、当事務所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の車には、ドライブレコーダーが搭載されており、加害者運転車両が、ご依頼者様が走行している側にはみ出してきて衝突した映像がはっきりと残っていました。

その映像をもとに、当事務所の弁護士らが本件事故についてご依頼者様に過失はないという主張書面を作成し、ドライブレコーダーの映像とともに、相手方保険会社に送付しました。

その結果、相手方保険会社側も、本件事故は、ご依頼者様が避けようのない事故であり、ご依頼者様が無過失であることを認めました。

ドライブレコーダー映像という客観的証拠があったことが、早期、かつご依頼者様有利に解決できたポイントだと考えられます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら