メニュー

交通事故弁護士

右下腿骨骨折等後の右膝関節の機能障害等で第12級7号が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

右下腿骨骨折等後の右膝関節の機能障害等で第12級7号が認定された事例

後遺障害等級:
12級7号
ご依頼者様の症状:
右下腿骨骨折
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス

事案の概要

ご依頼者様は、道路横断中に自動車にはねられる事故に遭い、右下腿骨骨折等で手術を施されました。

約2年近い治療を経て症状固定、自賠責に対する後遺障害認定申請をするタイミングで、適正な後遺障害認定を受けたいと望まれ、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、既に医師に後遺障害診断書を作成していただいていらっしゃいましたが、ご依頼者様の訴えている症状がすべては記載されていない、持参してくださった毎月の診断書によれば他覚的異常所見が存在する可能性があるなど、本来記載されてしかるべき事項の記載が漏れている可能性がありました。

そのため、医療記録を取り寄せて精査したところ、手術後リハビリのため転院したこと、主治医の変更があったことなどから、後遺障害診断書を作成してくださった主治医の先生に情報が十分伝わっていない可能性が考えられました。

そのため、主治医の先生に書面での質問と面談をお願いし、全医療記録に基づいて、ご依頼者様に残っていると考えられる所見、症状を指摘し、症状固定時の状態を確認しました。

結果、再度後遺障害診断を行ったうえ、後遺障害診断書を書き直してくださることになりました。

そして、新たな後遺障害診断書を自賠責に提出したところ、右膝の機能障害等について、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として自賠法施行令別表第二第12級7号に該当すると認定されました。

ご依頼者様が最初に持ってこられた後遺障害診断書では、上記等級が認定されることはあり得ませんでした。

ご依頼者様の訴えを丁寧に聴き取り、大量の医療記録と精密に照合したことが、適正な後遺障害等級の認定につながった案件でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら