メニュー

交通事故弁護士

兼業主婦の休業損害で全年齢女性平均賃金額(日額9697円)を認めさせた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

兼業主婦の休業損害で全年齢女性平均賃金額(日額9697円)を認めさせた事例

ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
賠償金額
休業損害
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害(日額) 5,700円 9,697円

事案の概要

ご依頼者様は、道路上に車を停車させていたところ、前に停車していた車がいきなり後退してきてご依頼者様の車のフロントにぶつかりました。

この事故により、ご依頼者様の車は、フロントバンパー部分を中心に損傷しました。

そして、ご依頼者様は、5カ月近くも通院を要する頸椎捻挫の傷害を負いました。

ご依頼者様は、人身損害の賠償額の提示を受け、賠償額として適正な価格なのか、このままの賠償額で示談してしまってよいのか、を疑問に思われました。

そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、ご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、ご依頼者様の休業損害に関しては、事故後2か月間の実通院日数分の休業期間で、日額は自賠責基準の5700円で算出された額で提示されていました。

ご依頼者様は、事故当時パートタイマーでも働いており兼業主婦であったのですが、仕事の面でも家事の面でも支障が生じました。

まず、仕事の面については、事故による負傷の治療のために早退等するうちに仕事を退職せざるを得なくなり、また、家事の面では、家族の食事を用意できなくなったり、洗濯物を干しにくくなるなど、それぞれ具体的な支障が生じていました。

こうしたご依頼者様の具体的な支障を丁寧に弁護士が聴き取り、相手方に主張して粘り強く交渉を進め、最終的には、日額としては賃金センサスをもとに全年齢女性平均賃金額(日額9697円)を、休業期間としては実通院日数の半分以上の日数を、休業損害として認めさせることができ、慰謝料の増額も併せて交渉し、最終的な金額の面でも、賠償の内容としても、ご依頼者様にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら