メニュー

交通事故弁護士

交通事故の賠償金が弁護士介入後に約145万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故の賠償金が弁護士介入後に約145万円増額した事例

後遺障害等級:
併合14級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
胸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約70万円 約215万円 約145万円の増額

事案の概要

追突事故によって頚椎捻挫、胸椎捻挫、腰椎捻挫のむちうちの症状が発生し、治療をしたものの頚部痛・背部痛・腰痛等の後遺障害が残存した結果、後遺障害等級併合14級が認定された事案。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼をいただいた時点で、相手方から賠償金額の提示が出されていましたが、具体的な交渉に入っていなかったこともあって、後遺症部分については自賠責保険金額の限度のみで認め、最終の支払額は傷害部分を合わせて約70万円とされていました。

相手方提示額は、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益のいずれも裁判で認められるであろう金額との乖離が大きかったため、担当弁護士が、裁判例に基づいて、適正な金額を支払うように交渉を行いました。

その結果、最終の支払い額を約215万円とすることで示談をすることができました。

慰謝料や逸失利益の額は、一応の目安となる基準があるといっても、確実な基準があるわけではありません。

そのため、相手方は、支払額をなるべく低く抑えた金額を提示してくることが多いです。

したがって、適正額で賠償を受けるためには、適正額がいくらなのかを把握した上で相手方の提示額と比較することが重要となります。

具体的な事情によってどのような額が適正なのかは異なりますので、賠償額を算出するにあたって漏れがないかを確認するためにも、専門家にご相談されることをおすすめします。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら