メニュー

交通事故弁護士

2つの事故について異時共同不法行為の成立及び後遺障害等級併合14級が認定された事案

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

2つの事故について異時共同不法行為の成立及び後遺障害等級併合14級が認定された事案

後遺障害等級:
併合14級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス

事案の概要

ご依頼者様の車が本線車線を走行していたところ、合流車線から本線車線に合流しようとしていた加害者Aの車両がご依頼者様の車の側面に衝突しました(以下、「第一事故」といいます)。この第一事故により、ご依頼者様は、頚椎捻挫、腰椎捻挫等を負い、その治療のために通院していました。

ところが、第一事故による負傷の通院加療中に、ご依頼者様は、別の事故に遭いました。それは、ご依頼者様が停止していたところに、後続車の加害者Bの前方不注意により、後続車がご依頼者様の車に追突したというものです(以下、「第二事故」といいます)。この第二事故により、ご依頼者様は、頚椎捻挫、腰椎捻挫等を負い、通院加療を続けていました。

このような状況の下、ご依頼者様は、治療継続をしたいが、第二事故の加害者B側の保険会社から治療打切りの通知を受け、今後どうすればよいのか不安に思われました。そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、担当弁護士は、ご依頼者様が負傷している部位、傷病名などが第一事故と第二事故とで共通していること、第一事故の治療中に第二事故が発生したことなどから、第一事故と第二事故が異時共同不法行為となりうるのではないかと考えました。そのため、第二事故の関係資料だけでなく、すでに傷害部分について示談済みであった第一事故の関係資料も収集して精査する必要があると考え、第一事故の関係資料も収集しました。

そして、担当弁護士は、資料の精査の結果、第一事故と第二事故とに異時共同不法行為が成立しうる事案であるとして、必要書類を準備して、後遺障害申請をしました。後遺障害申請の結果、第一事故と第二事故について異時共同不法行為の成立が認定され、かつ、頚部及び腰部の症状についてそれぞれ後遺障害等級14級が認定されました。そのため、自賠責保険も2枠使えることになり、自賠責保険から150万円(75万円×2枠)を回収することが出来ました。さらに、上記自賠責保険からの回収額計150万円及び既払い額を控除した残額について、第二事故の加害者B側の保険会社と賠償額の交渉をして、裁判基準で算定したこちらの請求額をそのまま加害者B側の保険会社から獲得しました。

被害者請求の結果、ご依頼者様の辛い症状が後遺障害等級14級として適切に評価され、また、賠償額も十分に獲得できたために、ご依頼者様にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら