メニュー

交通事故弁護士

ご夫婦ともに後遺障害等級14級が認定され合計約360万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ご夫婦ともに後遺障害等級14級が認定され合計約360万円増額した事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫後の頚部痛
腰椎捻挫後の腰部痛
争点:
賠償金額
過失割合
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額(2人分) 約480万円 約840万円 約360万円以上の増額

事案の概要

ご依頼者様はご夫婦で、自動車を運転中に、対向右折バスの後ろから直近早回り右折してきた車両と衝突する事故に遭われました。すでに物損について過失割合を9:1(ご依頼者様)として示談され、ご夫婦ともに後遺障害14級が認定されていましたが、相手方保険会社とのやりとりに精神的負担を感じ、示談交渉を任せたいとのことで、ご依頼いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社の提示額は悪い内容ではなかったのですが、裁判基準には達しておらず、また、物損示談時に協定された過失割合(9:1)に基づいて減額されていました。この点、事故態様を詳しく伺うとご依頼者様にとって避けようがない事故であったと考えられ、裁判例をリサーチしたところ、同様の事故態様で10:0の事例がありました。そのため、無過失を主張する方針としました。

しかし、一度9:1として協定された事実を踏まえると、交渉による過失割合の修正は難しいとも予想されました。そこで、無過失の主張と併せて、逸失利益、慰謝料等について、合理的な範囲で高めに算定し、請求しました。

交渉の結果、過失割合の変更はできませんでしたが、わずか1ヶ月でご夫婦併せて約360万円増額して示談することができ、スピーディな増額解決にご依頼者様も大変満足してくださったご様子でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら