メニュー

交通事故弁護士

異議申立てにより後遺障害等級12級6号(TFCC損傷)が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立てにより後遺障害等級12級6号(TFCC損傷)が認定された事例

後遺障害等級:
12級6号
ご依頼者様の症状:
手関節捻挫
有頭骨骨折
TFCC損傷
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級9号 12級6号 適正な等級認定
賠償金額 提示なし 約860万円 (※14級自賠責保険金分は除く)

事案の概要

事故態様は、一方通行路を直進して交差点に進入したご依頼者様に対し、交差道路から一時停止無視で加害車両が右折してきて衝突したというものです。この事故により、ご依頼者様は手関節捻挫や有頭骨骨折、TFCC損傷等の傷害を負い、半年ほど通院しましたが、手関節痛や可動域制限が改善しないまま症状固定に至りました。
ご依頼者様は、後遺障害等級申請からサポートしてほしいとして、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士は、TFCC損傷に基づく可動域制限を立証するための他覚的所見を確実に得る為、関節造影検査を行ってもらうことも検討しましたが、主治医先生より、MRI画像上明らかにTFCC損傷があるとの診断をいただいていたことや、関節造影検査が侵襲性のある検査であることから、ご依頼者様と相談したうえで、まずは関節造影検査をせずに申請し、自賠責保険がTFCC損傷を認めなかった場合には改めて検査を行うことにして、後遺障害申請を行いました。結果としては、自賠責保険より、画像上、可動域制限の理由となるようなTFCC損傷は認められないとして、14級9号との認定がなされました。
当法人の担当弁護士は、事前の取り決め通り、ご依頼者様に関節造影検査をお願いするとともに、主治医先生に医療照会を行い、関節造影検査の結果以外にも、ご依頼者様にTFCC損傷が認められるとの所見をご教示いただいたうえで、それらの所見を踏まえて異議申立書を作成し、自賠責保険に対して、異議申立てを行いました。
そうしたところ、無事に異議が認められ、自賠責保険から12級6号の認定がなされました。そして、相手方保険会社と12級6号の後遺障害をもとにした示談交渉を行い、無事裁判基準による示談に至りました。
本件のポイントは、担当弁護士が自賠責保険における必要な検査を熟知したうえで、ご依頼者様の身体的負担も考慮しながら手続きを進められたところにあるでしょう。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら