メニュー

交通事故弁護士

異議申立が認められ、非該当から14級が認定された事案

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立が認められ、非該当から14級が認定された事案

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頚椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級9号 等級非該当からの認定

事案の概要

ご依頼者様は車の停止中、相手方車両に後部から追突され、頚椎を負傷しました。その後、ご依頼者様は、整形外科と整骨院にてリハビリを続け、事前認定にて後遺障害の申請を行いましたが、非該当となってしまいました。

そこで、ご依頼者様は、異議申立を行うにあたり、専門家に依頼する必要性を感じ、弊所に相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、ご依頼者様は、整形外科に3院通院していましたが、後遺障害診断書上、ご依頼者様の傷病名は「中心性頚髄損傷」とされ、「中心性脊髄損傷との診断がなされているものの、画像上、明らかな器質的異常所見が認め難いこと」が非該当の理由の一つとされていました。

一方、整骨院を含め、他の病院では、「頚椎捻挫」又は「外傷性頚部症候群」と診断されていました。そこで、弊所で各院のカルテや検査結果を取りつけたうえで、内容を検討し、ご依頼者様と相談した結果、異議申立は、頚椎捻挫として評価するよう構成した異議申立書を作成することにしました。

次に、事前認定時の後遺障害診断書上、神経学的テストが不足していた為、ご依頼者様の症状に照らして、必要と思われるテストを追加で受けてもらいました。

さらに、ご依頼者様は、症状固定後も自費で通院されていたため、通院先の資料を揃え、異議申立書を作成しました。
その結果、14級9号の異議申し立てがとおり、ご依頼者様に満足いただける結果をお届けすることができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら