メニュー

交通事故弁護士

異議申立が認められ、後遺障害等級14級から12級が認定された事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立が認められ、後遺障害等級14級から12級が認定された事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
鎖骨骨折後の肩部痛及び関節機能障害
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級 12級 等級2級アップ

事案の概要

ご依頼者様は、原付バイクを運転中、交差点において後続自動車に追突されて転倒する事故に遭われました。

事故により鎖骨骨折の重傷を負い、残存した肩部痛について、自賠責において後遺障害14級9号が認定されましたが、ご依頼者様の症状に比べて14級は軽すぎると考えられ、異議申立て手続きを行うこととしました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

幸い、自賠責実務に詳しい医師の協力が得られ、肩部の疼痛及び関節機能障害の症状は、鎖骨骨折後の関節拘縮によるものと診断されました。上記診断に基づいて新たな後遺障害診断書を作成してもらい、自賠責保険に対し、異議申立てを行いましたが、判断は覆りませんでした。

しかし、自賠責保険は、当方が後遺障害の裏付けとする関節拘縮について言及しないまま、同じ判断を繰り返していました。そのため、次は、自賠責保険・共済から支払われる保険金・共済金等に関して発生した紛争に関する第三者機関である自賠責保険・共済紛争処理機構に対し、自賠責の判断が誤りであるとして、紛争処理を申請しました。結果、肩部の疼痛について「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号が認められ、自賠責の判断は変更されました。

自賠責に対する異議申立てだけではあきらめず、丁寧な主張を尽くした成果が出た事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら