メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級10級の認定を受けた事案で弁護士介入後に1,300万円以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級10級の認定を受けた事案で弁護士介入後に1,300万円以上増額した事例

後遺障害等級:
10級
ご依頼者様の症状:
肩腱板断裂後の疼痛
肩関節機能障害
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約190万 1,500万円 1,300万円以上増額

事案の概要

ご依頼者様は、横断歩道により道路を横断中に自動車にぶつけられて転倒し、肩腱板断裂などの怪我を負いました。

疼痛、肩関節の可動域制限などの後遺症が残り、自賠責において後遺障害10級10号が認定され、相手方保険会社と示談交渉を行いましたが、保険会社は自賠責による認定よりも低い後遺障害等級を主張し、約190万円という極めて低額な賠償金しか支払おうとしなかったため、訴訟を提起しました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

裁判においては、損傷の程度、症状の推移、治療経過等について、双方が診療録等の医療記録に基づいて主張・立証し合いました。

すなわち、相手方の主張も診療録等の医療記録に基づくものでしたが、より詳細に医療記録を検討することによって相手方の主張に反証しました。その結果、肩部の後遺障害について当方の主張どおり後遺障害10級とする和解が成立し、交渉時から1,300万円以上増額した1,500万円の賠償金を獲得することができました。

後遺障害申請前からサポートしてきたこと、医療記録を丁寧に分析したこと、医療記録上の医学的な記載に反証できたことが大幅増額につながった事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら