メニュー

交通事故弁護士

医療記録等に基づいた主張立証を行い、7,000万円を超える賠償金を得ることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

医療記録等に基づいた主張立証を行い、7,000万円を超える賠償金を得ることができた事例

後遺障害等級:
別表第一第2級1号
ご依頼者様の症状:
高次脳機能障害
争点:
逸失利益
介護費用
素因減額
慰謝料
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 事前提示無し 約7,180万円(自賠責保険金約2,380万円含む)

事案の概要

事故態様は、信号待ちをしていた時に追突されるという一般的な事故でした。ただ、ご依頼者様は、追突された際、車内で頭を打ち付けてしまい、急性硬膜下血腫の傷害を負ってしまいました。

その後、何とか一命をとりとめたものの、顕著な失語症や不安障害などの高次脳機能障害を発症し、別表第一第2級1号に認定される後遺障害を残すこととなりました。

当初は、相手方弁護士と訴外で示談交渉を行いましたが、ご依頼者様が事故当時80歳を超える高齢者であったことや、脳梗塞の既往などがあったことから、逸失利益や介護費、近親者慰謝料などの損害額で合意に至ることができず、またご依頼者様の症状は、本件事故によるものだけではないかとして素因減額の主張をされたことから、訴外で示談に至ることはできないと判断し、訴訟を提起しました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

裁判においては、各損害額及び素因減額が主な争点となりました。

介護費に関しては、入院時の記録や介護保険申請時の記録等を引用しながら付添の必要性や程度に関する主張を行った結果、入院時から退院後の自宅付添費、また症状固定後の将来介護費に関して、ほぼこちらの主張が認められました。

また近親者慰謝料についても、ご依頼者様の親族が仕事を辞めてご依頼者様の介護に専念したことなどを丁寧に立証した結果、請求通りの高額な認定を受けることが出来ました。

そして、肝心の素因減額についても、本件事故前に高次脳機能障害の症状がなかったことや、本件事故による脳の損傷の程度等を医療記録によって主張立証した結果、素因減額はしないとの裁判所の心証を得ることができ、そのまま和解に至ることが出来ました。

結果的には、この年齢の被害者の方としては高額の7000万円を超える賠償金を得ることができました。

もちろん、ご依頼者様が受けた損害がそれだけ大きかったということですが、相手方の反論を鵜呑みにせず、医療記録等に基づいた主張立証を行ったことが、よりよい結果につながった事案と考えています。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら