メニュー

交通事故弁護士

高級外車の評価損が争いになり、紛争処理センターで修理費の5割分の評価損が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

高級外車の評価損が争いになり、紛争処理センターで修理費の5割分の評価損が認められた事例

争点:
評価損
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0円 対修理費割合5割 評価損の賠償を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、購入価額が1,000万円を超える外国車両を購入しましたが、それから数か月後に、事故に遭われました。
幸い、ご依頼者様に怪我はありませんでしたが、車輌が損傷し、修理が必要となりました。
ご依頼者様としては、修理費のみならず、事故歴による格落ち損害(いわゆる評価損)についても賠償してほしい旨を相手方保険会社に申し入れましたが、受け入れられず、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士が、検討したところ、ご依頼者様の車両は、高級外車であることはもちろん、生産が終了した限定車であることや、走行距離が非常に少ないこと、損傷の程度もある程度大きかったことなどから、評価損が認められて然るべき事案と判断し、その旨ご説明し、受任いたしました。

受任後、担当弁護士から、相手方保険会社に対して評価損を請求したところ、対修理費割合2割であれば、支払うとの回答を得ました。

しかし、担当弁護士としては、ご依頼者様の車両の場合、2割以上の評価損が認められて然るべき稀有な事情があると判断しました。そこで、ご依頼者様に、ここで示談するよりも、訴訟等に移行した方が良いとご説明し、ひとまずは紛争処理センターに申立てを行うこととしました。

申立て後、当法人の担当弁護士が、詳細な主張書面を作成し、提出したところ、あっ旋担当弁護士より、評価損を対修理費割合で5割とする和解あっ旋案が示されました。

また、この時点で相手方保険会社もこちらの主張を認めたことから、対修理費割合として5割の評価損を支払うこととして示談にいたることができました。

正直なところ、ここまで高い割合で評価損が認められることは一般的にはないと思われますが、平成14年赤い本下巻「評価損をめぐる問題点」にも記載があるように、事案によっては対修理費割合として5割の評価損を認定することがあり得てもよいと考えられます。
今回の事案は、そのような特殊事情があったことから、このような解決に至ることができたと考えます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら