メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級12級6号が認定された事案で2ヶ月弱の交渉で約240万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級12級6号が認定された事案で2ヶ月弱の交渉で約240万円増額した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
左手関節の機能障害
疼痛・しびれ
争点:
後遺障害逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約750万円 約990万円 約240万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故のため左橈骨遠位端を骨折し、数度の手術を経て左関節の機能障害、疼痛、しびれという後遺障害を残し、自賠責において、後遺障害等級12級6号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)が認定されていました。

ご依頼者様は、交通事故によるけがのため、事故前に従事していた仕事を続けていくことが難しい状況にあり、適正な賠償を受けられるか不安を感じてご相談にいらっしゃいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様には、左手関節の機能障害について12級6号という等級が認定されていたにもかかわらず、相手方は、後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間について、仕事に復帰しており労働に支障がないとして、5年という極めて短期間を主張しました。

しかし、ご依頼者様の仕事には重い荷物を持ち運ぶ業務があり、退職を検討しているところでした。
そのため、ご依頼者様の仕事内容、業務に生じている支障、社内で部署異動が難しく、退職を余儀なくされている事情を丁寧に説明し、労働に支障が出ていることを強く主張しました。また、ご依頼者様は左手関節について数度の手術を受けており、大変な苦痛を被っていたため、入通院慰謝料の増額を主張しました。

交渉の結果、当方の主張が全面的に認められ、傷害慰謝料は赤本基準額より増額され、原則どおり67歳まで労働能力喪失期間が認められました。既払金を除いて約990万円で示談が完了し、2ヶ月弱の交渉で約240万円の増額というスピーディな解決ができ、ご依頼者様にご納得いただける示談を成立させることが出来ました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら