メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級12級13号が認定された事案で、交渉により約650万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級12級13号が認定された事案で、交渉により約650万円増額した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
右鎖骨遠位端骨折後の右肩痛
争点:
賠償金額(休業損害、逸失利益)
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約150万円 約800万円 約650万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故のため右鎖骨遠位端を骨折し、右肩痛等の後遺障害を残し、自賠責において、後遺障害等級12級13号(頑固な神経症状を残すもの)が認定されていました。
保険会社から最初に提示された賠償金は、休業損害が1ヶ月程度しか認められていない、後遺障害逸失利益について、労働能力喪失期間がわずか5年に制限されているなど、大変不合理なものでした。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は専業主婦であったところ、右鎖骨のため固定処置をされ、またその後も痛みのために右肩を動かすことができず、家事労働が長期間制限されました。
また、後遺障害は頑固な神経症状として12級13号が認定されていましたが、ご依頼者様には認定はされなかったものの可動域制限も残存していました。そのため、治療中家事労働が長く制限されたこと、後遺障害による労働能力制限の程度も大きいこと、骨癒合不良のために後遺症状が残存したものであり、永続する蓋然性が高いことを、医証に基づいて丁寧に説明・主張しました。

交渉の結果、休業損害は日額約1万円で5ヶ月間、最初の2ヶ月は100%、その後3ヶ月は60%の制限で認められ、逸失利益は14年分認められ、慰謝料も赤本基準額満額が認められました。既払金を除いて約800万円で示談が成立し、約650万円の大幅増額で解決できました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら