メニュー

交通事故弁護士

早急に被害者請求手続きを進めたことにより、過失割合が修正され約420万円の増額に至った事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

早急に被害者請求手続きを進めたことにより、過失割合が修正され約420万円の増額に至った事例

後遺障害等級:
11級
ご依頼者様の症状:
腰背部痛
争点:
賠償金額
逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約337万円 約758万円 約420万円の増額
過失割合 25:75 20:80 過失割合を修正

事案の概要

ご依頼者様は道路を横断中、相手方が運転する車両と衝突し、腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。

ご依頼者様は、約1月入院を含め約半年程治療しましたが、腰背部痛の症状が残存し、自賠責において後遺障害等級11級7号(脊柱に変形を残すもの)が認定されました。

その後、相手方保険会社から賠償案が提示されましたが、椎体の変形が軽度であることから逸失利益は無いこと、ご依頼者様の過失が25%とされていたため、ご依頼者様は、相手方保険会社との賠償額及び過失割合に関する交渉を進めるにあたり、専門家に委ねた方が良いとお考えになり当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、事故後に会社を退職しており収入が途絶えていたため、自賠責に対し後遺障害部分の被害者請求手続きを早急に進め、11級の自賠責保険金である331万円を回収することにしました。

また、逸失利益に関しては、離職票等を取りつけ、事故により退職したことを主張するとともに、実収入が低額であったため、基礎収入は全年齢平均の賃金額を採用するよう主張をしました。

さらに、刑事記録を取りつけ、ご依頼者様に25パーセントの過失がつくことは不当であることを主張しました。

その結果、逸失利益は、こちらの主張する基礎収入及び労働能力喪失率が採用され、また、過失割合は、相手方保険会社から5%の譲歩を引き出すことができました。

受任後、早急に後遺障害部分の被害者請求手続きを進め、交渉の時間を確保したことがより良い結果につながった事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら