メニュー

交通事故弁護士

自賠責保険金の約2000万円で損害は填補されているとされ、任意保険会社からの賠償金としては実質0円の提示を受けた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

自賠責保険金の約2000万円で損害は填補されているとされ、任意保険会社からの賠償金としては実質0円の提示を受けた事例

ご依頼者様の症状:
死亡事案
争点:
過失割合
逸失利益(家事従事者)
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 0円(自賠責保険金2000万円で損
害は填補されているとの回答)
約900万円(自賠責保険金
2000万円に追加)
約900万円の増額

事案の概要

事故態様は、被害者の方(高齢者)が、片側2車線の幹線道路を自転車に乗って横断中に、直進四輪車に衝突されたというものです。

この事故により、被害者の方は頸椎脱臼骨折等の傷害を負い、救急搬送されましたが、残念ながら亡くなられました。
ご依頼者様は、この被害者の方の相続人の方で、相手方保険会社から賠償金提示があったが、妥当なものかどうか確認してほしいとして、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、相手方の提示を確認したところ、自賠責保険に対する被害者請求の結果に関する書面であって、相手方加入の任意保険会社からの賠償金の提示ではありませんでした。

ご依頼者様に対して、自賠責基準分しか賠償を行うつもりはないとの意思表示と捉えられましたが、担当弁護士は、事故状況や、被害者の方が家事従事者であったことなどから、過失相殺を考慮しても、自賠責基準を超える賠償を獲得し得ると判断して、ご依頼をいただきました。

もっとも、任意の交渉では、相手方保険会社より、過失割合は被害者の方に4割、逸失利益に関しても家事従事者分を認めず、年金分のみを認めるとの回答がなされ、自賠責保険金約2000万円の支払いによって、損害は填補されており、追加で支払う金額はない(0円)との回答がなされました。

担当弁護士は、このような相手方保険会社の見解からすれば、任意の交渉では埒が明かないと判断し、訴訟を提起しました。
半年ほど、主張立証を行った結果、裁判所より、被害者の過失割合は3割、家事従事者分の逸失利益も認められることから、約900万円を追加で支払えとの和解案が提示されました。

最終的には、自賠責保険金と併せて、約2900万円の賠償金を獲得することができました。
総額のみならず、過失割合も、被害者の方に有利に動いた和解となったことから、ご依頼者様から非常に感謝された事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら