メニュー

交通事故弁護士

後遺障害診断書を見直したことで第8級2号が認定され、約4250万円の賠償金額で示談した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害診断書を見直したことで第8級2号が認定され、約4250万円の賠償金額で示談した事例

後遺障害等級:
第8級2号
ご依頼者様の症状:
腰椎破裂骨折
争点:
等級認定申請
逸失利益など
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 約4250万円 ※自賠責保険金819万円を含む
後遺障害等級 認定なし 第8級2号 後遺障害等級申請前のご依頼

事案の概要

事故態様は、信号整理のされていない丁字路交差点で、直進路を進行していたご依頼者様に対し、突き当り路から加害車両が右折してきて衝突したというものです。

この事故により、ご依頼者様は腰椎椎体骨折や多発肋骨骨折などの傷害を負い、1年程度治療を続けましたが、背部痛や胸腰椎部の可動域が改善しないまま症状固定に至りました。
ご依頼者様は、医師に記載いただいた後遺障害診断書を持参されて、後遺障害等級申請からサポートしてほしいとして、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、ご依頼者様の症状を伺い、後遺障害診断書を精査したところ、胸腰椎部の運動障害として第8級2号の認定があり得る事案であるものの、後遺障害診断書上、記載が不十分であることがわかりました。
そこで、担当弁護士が、胸腰椎部の可動域測定の方法等をお伝えし、ご依頼者様を通じて、主治医の先生に対して、後遺障害診断書に追記をお願いしました。

そして、追記いただいた後遺障害診断書をもとに、担当弁護士が被害者請求を行った結果、脊柱の運動障害として別表第二第8級2号に該当するものと判断されました。
その後、同等級を前提に相手方保険会社と交渉を行った結果、等級認定から一か月程度で、約4250万円を支払うとの示談を行うことが出来ました。

後遺障害等級認定申請前から、適切な後遺障害等級の見込みを立てて、サポートした結果、迅速かつ、満足いく金額での解決につながった事案であると考えます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら