メニュー

交通事故弁護士

実質1ヶ月程度の交渉で400万円以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

実質1ヶ月程度の交渉で400万円以上増額した事例

後遺障害等級:
11級
ご依頼者様の症状:
脊柱変形
背部痛
争点:
逸失利益
慰謝料
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約215万円 約650万円 約435万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、横断歩道を歩行中に車両にはねられる交通事故に遭い、胸椎圧迫骨折等の傷害を負い、自賠責において後遺障害第11級7号(脊柱に変形を残すもの)が認定されました。その後、加害者側保険会社から賠償案が提示されましたが、適正な賠償額なのかわからないとのことで、当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社から提示された賠償案は、慰謝料が裁判基準(赤本基準)に比べてかなり低額であったうえ、後遺障害逸失利益について、労働能力喪失率が12級相当に低減され、労働能力喪失期間も制限されており、適正とは言い難い内容でした。

この点、11級の脊柱変形は、逸失利益が争われることが少なくない後遺障害であり、本件においても相手方保険会社より、減収の有無など就労に対する実際の支障の程度について厳しい主張がなされました。
しかし、上記相手方保険会社の主張は想定内であり、あらかじめご依頼者様より、業務に生じている支障や有給を使用して休業している事実などを聴き取って、反論を準備していました。

そのため、実質1ヶ月程度の交渉で400万円以上増額して示談することができました。
また、ご依頼者様は加害者の不誠実な対応に大変傷ついていたことから、慰謝料について強く主張し、赤本基準満額の慰謝料が認められたことも、ご依頼者様の納得につながった様子でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら