メニュー

交通事故弁護士

素因減額を最小限にとどめ、約2,000万円の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

素因減額を最小限にとどめ、約2,000万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
9級
ご依頼者様の症状:
右前腕以下のしびれ等の知覚異常
巧緻運動障害等の脊髄症状
争点:
症状固定時期
休業損害
素因減額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約2000万円 事故直後のご依頼
後遺障害等級 認定前 9級 等級申請をサポート
素因減額     20% 素因減額を最小限に

事案の概要

ご依頼者様は、バイクを運転中に左折車両に巻き込まれて転倒する交通事故に遭い、頚部痛、右上肢のしびれ症状等が出現し、外傷性頚部症候群と診断されました。その後、医大病院で高度な医療水準の診療を受け、頚椎後縦靭帯骨化症が発見されて手術適応と判断されました。しかし、術後、骨癒合に時間がかかり、症状固定までに2年以上を要したうえ、右上肢のしびれ、巧緻運動障害等の脊髄症状を残し、自賠責において後遺障害第9級10(神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの)が認定されました。

ご依頼者様は、事故態様に比して症状が重く、治療について不安を感じていらしたこと、事業を始めたばかりで休業損害に争いが予想されたことなどから、事故後間もない時期に当法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談時、ご依頼者様には右上肢に強い神経症状が出現しており、脊髄の障害が疑われていたものの、主治医からは保存療法のみで早期の治療終了を促されてしまいました。そのため、セカンドオピニオンの取得、医大病院への転院など、必要適切な治療が受けられように治療に関するアドバイスをしました。
また、手術後、骨癒合に通常に比して長時間を要したところ、加害者側保険会社から繰り返し症状固定を要求されました。上記症状固定の要求に対して、主治医へ医療照会したうえ、保険会社に治療の必要性を説明して、ご依頼者様には治療に専念していただきました。
さらに、医大病院転院後の治療費について、保険会社が治療費の直接払いを拒んだことから、必要な医証の取りつけをすべて行って自賠責に対する被害者請求を行いました。

自賠責において後遺障害等級9級が認定されましたが、症状固定時期、休業損害、素因減額と争点が多岐にわたり、資料も膨大で難易度の高い交渉となりました。しかし、受傷直後からご依頼いただいており、案件を深く理解できていたため、ご依頼者様に有利な主張を尽くし、争点に関するリスクを適切に見極めることができました。
結果、訴訟になってもおかしくないケースでしたが、素因減額を最小限にとどめて約2,000万円の賠償金を獲得して示談することができました。事故後間もない時期から治療、後遺障害認定申請、示談交渉とトータルサポートさせていただいたことで、適切な被害回復が実現できた案件でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら