メニュー

交通事故弁護士

訴訟に移行した際のリスクを考慮し、示談で総額600万円の増額に成功した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

訴訟に移行した際のリスクを考慮し、示談で総額600万円の増額に成功した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
足関節の痛み
知覚異常等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約1,000万 約1,600万円 約600万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、横断歩道を歩いていたところ、右折してきた相手方が運転する車両と衝突し、脛骨開放骨折の傷害を負いました。
受傷部位の骨癒合がなかなか得られなかったこと、妊娠・出産等が続いたこと等から、治療期間は約5年に及び、足首の痛み等の症状に関し、自賠責において後遺障害等級12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)が認定されました。
その後、相手方保険会社から賠償案が提示されましたが、ご依頼者様は、相手方保険会社との賠償額の交渉を進めるにあたり、専門家に委ねた方が良いとお考えになり、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方は、お子様の保育費や個室使用料など、一部の損害を否定していました。しかし、治療期間が5年もの長期に及んでいたためか、領収書等の資料が整理されていませんでした。
そこで、まず、相手方から取りつけた資料を精査し、認定されていない費用がいくらなのか、確認することにしました。
また、治療費は全額、相手方から支払われていましたが、ご依頼者様は、主に鍼治療を受けられていました。
この点、医師の指示のない鍼灸の施術費はその有効性や相当性が争われる傾向にあります。
ご依頼者様の場合も医師の指示は確認できなかったため、訴訟での解決は望ましくないと判断しました。

相手方は、保育費や個室使用料の一部を依然として否定していましたが、金額的には少額であったことから、ご依頼者様と相談し、賠償総額で折り合いをつけ、早期示談を目指すことにしました。
その結果、相手方から大幅な増額を引き出すことができました。

訴訟に移行した際のリスクを正しく捉えたことがより良い結果につながった事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら