メニュー

交通事故弁護士

以前の交通事故で同一部位の後遺障害等級が認定されていたことにより非該当とされた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

以前の交通事故で同一部位の後遺障害等級が認定されていたことにより非該当とされた事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
腰痛等
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 0 240万円 賠償額提示前のご依頼
後遺障害等級 非該当 14級9号 訴訟により等級が認定

事案の概要

ご依頼者様は、対向車に衝突されて、腰椎捻挫の傷害を負い、約1年ほど通院をした後、後遺障害を申請しました。
しかし、ご依頼者様は、以前遭われた交通事故により腰椎を捻挫し、自賠責において後遺障害等級14級(局部に神経症状を残すもの)が認定されていました。そのため、自賠責では、今回の事故は同一部位の障害の程度を加重したものではないとして、非該当と判断されました。

この点、以前、腰椎を受傷し、後遺障害が残存すると判断された者は、新たに同一部位を受傷し、障害が残存したとしても、それが既存の障害よりも重い程度の障害でない限り、自賠責保険における後遺障害として評価されることはありません。
つまり、以前の事故で腰椎を捻挫し、残存した腰痛に関し既に14級が認定されているご依頼者様は、今回受傷した腰椎捻挫後の腰痛に関し異議申立を繰り返したとしても、自賠責では14級9号は認定されない、ということになります。

ご依頼者様は、既に傷害部分を示談していました。そこで、相手方保険会社に確認したところ、自賠責保険において後遺障害が認定されていない以上、後遺障害部分の賠償義務はないとの回答であったため、ご依頼者様と相談の結果、訴訟を提起することにしました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

訴訟を提起するにあたっては、前回、14級が認定された事故の資料は当然、今回の事故に遭うまでの通院歴、生活歴等、できる限り客観的な資料を収集したうえで臨みました。
そのため、裁判において、今回の事故前に前回の事故の症状は消失していた事今回の事故によって、ご依頼者様には14級程度の後遺障害が残存していること等を説得的に主張することができました。

結果的に、ご依頼者様には今回の事故によって14級相当の障害が残存していると認定され、ほぼ、こちらの主張が認められる形で和解を成立させることができました。

綿密かつ粘り強い訴訟活動が功を奏した案件でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら