メニュー

交通事故弁護士

ある程度の増額で安易に妥協せず、当初提案の2倍以上の賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ある程度の増額で安易に妥協せず、当初提案の2倍以上の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
別表第二第14級9号
ご依頼者様の症状:
右肘頭骨骨折等
争点:
慰謝料
後遺障害逸失利益等
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約170万円 約420万円 約250万円の増額

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が、青信号に従って横断歩道を横断していたところ、赤信号無視の車両に衝突されたというものです。

この事故により、ご依頼者様は、右肘頭骨骨折等の傷害を負いました。

その後、治療を継続しましたが、受傷部位の疼痛が残ったことから、後遺障害として別表第二第14級9号に認定されました。

その後、相手方保険会社より賠償の提案があり、同額が妥当かどうかを診断するために、当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が賠償の提案を確認したところ、自賠責保険金額を下回らないような提示しかなされていませんでした。そのため、大幅な増額が見込まれるとして、ご依頼を受けました。

ご依頼を受けた後は、即座に相手方保険会社に損害賠償請求を行いましたが、当初の提案からある程度は増額したものの、裁判基準には至らないような回答しかなされませんでした。

その後、2~3か月ほど交渉を継続しましたが微増にとどまっていたため、担当弁護士は、任意交渉では埒が明かないと判断したため、紛争処理センターへの申し立てを行いました。

数回の和解あっ旋手続き期日を経た後、最終的には約420万円を支払うとの和解が成立しました。

担当弁護士が、ご依頼者様の傷害や、後遺障害の程度から、法的に適切な賠償金額の見込みを立てることができたことから、ある程度の増額で安易に妥協せず、当初提案の2倍以上の賠償金を獲得できた事案であると考えます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら