メニュー

交通事故弁護士

事故直後からの介入により後遺障害12級が認められ、1500万円を超える賠償金を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

事故直後からの介入により後遺障害12級が認められ、1500万円を超える賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
肩関節の機能障害
疼痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 約1500万円 事故直後からの受任
後遺障害等級 治療中 12級 適正な等級が認定

事案の概要

ご依頼者様は、自転車に乗車中に自動車に衝突される事故に遭い、肩鎖関節脱臼等のけがを負い、痛みや肩が挙がらないなどの症状に悩まされていました。

そして、遠隔地への転勤が予定されていたことから、転勤に伴って転院してもスムーズに治療が受けられるか、万一後遺症が残ってしまった場合にきちんと後遺障害診断書を作成してもらるかなどについて不安に感じられていたところ、ご自身の自動車保険に弁護士費用補償特約が付帯されていたため、事故後間もない時期に弊所にご相談にいらっしゃいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任後は、転院に際し、転院前の病院の画像データ、カルテ等の取得、検査の実施状況の確認などを行い、仕事のため多忙なご依頼者様に代わって、治療経過を把握し、医療情報の引継ぎに必要な手続きを行いました。

転勤後は、近所に適切な病院がなかったことから、経過観察はフェリーや飛行機を利用して遠方の大きな病院で受け、リハビリは近所の整骨院で行う方針を取らざるを得ませんでした。そのため、医師との意思疎通が難しく、後遺障害診断にあたり、損傷部位の可動域の測定結果が記載されていないなどの不備もありました。

病院、相手方保険会社と何度もやり取りして、必要事項がきちんと記載された後遺障害診断書を作成してもらい、結果、肩関節の機能障害として12級6号が認定され、総額1500万円を超える損害賠償を受けることができました。
治療中から対応させていただいたことで、スムーズかつ適正な被害賠償に役立つことができた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら