メニュー

交通事故弁護士

後遺障害認定について異議申立てを行い12級が認定され、交渉の結果約630万円の増額で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害認定について異議申立てを行い12級が認定され、交渉の結果約630万円の増額で示談が成立した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
難聴に伴う耳鳴
争点:
後遺障害等級
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約95万円 約725万円 約630万円の増額
後遺障害等級 14級 12級 適正な等級が認定

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故の為に負傷し、自賠責において「難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの」として14級相当が認定され、保険会社より、賠償金として約95万円が提示されていました。ご依頼者様は、14級という等級が適切なのか、賠償金が妥当なのか疑問に思われ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

耳鳴の後遺障害に関しては、「耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの」については12級が、「難聴に伴い常時耳鳴りのあることが合理的に説明できるもの」については14級が認定され、両者を分けるのは、耳鳴に係る検査によって耳鳴が存在すると医学的に評価できるか否かになります。

しかし、ご依頼者様の後遺障害診断書には耳鳴に係る検査の結果は記載されておらず、ご依頼者様も耳鳴に係る検査を受けたかどうか把握されていませんでした。ただ、後遺障害等級が適切か否かを措いても、相手方から提示された賠償額はあまりに低額でした。そのため、損害賠償の増額交渉をお引き受けすると共に、耳鳴に係る検査が行われた否か、資料を取り寄せるなどして確認する方針としました。

結果的には、ご依頼者様は、治療過程では耳鳴に係る検査を受けていませんでしたので、まずは検査を受けていただいたところ、難聴域に耳鳴が存在すると評価できる検査結果が得られました。そのため、検査結果を添付して自賠責保険に対して異議申立てを行い、無事「耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの」として12級相当が認定されました。

その後、相手方保険会社と示談交渉を行いました。相手方は、当初、通院回数が少ないことから極めて低額の傷害慰謝料を提示し、また、ご依頼者様に減収が生じていないことなどから、耳鳴の症状はいずれ緩解するないし適応されるとして、大きく減額した後遺障害逸失利益を提示するなどしてきました。しかし、難聴及び耳鳴の症状については、投薬療法が基本であり、通院頻度が少なくなることは自然であること、減収が発生していないのはご依頼者様の努力によるものであること、ご依頼者様の耳鳴及び難聴の原因である傷病名からは、今後症状が消退する可能性は高くないことを医学文献なども示して交渉しました。

最終的には725万円で示談することができ、ご依頼前と比較して大幅な増額となりました。耳鳴という理解されずらい後遺障害について適切に評価されたとして、ご依頼者様にも納得していただけました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら