メニュー

交通事故弁護士

相手方保険会社の主張に怯まずに交渉した結果、約1000万円の増額を得られた事案

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

相手方保険会社の主張に怯まずに交渉した結果、約1000万円の増額を得られた事案

後遺障害等級:
併合9級
ご依頼者様の症状:
人工骨頭置換術
腰椎圧迫骨折
争点:
逸失利益等
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約1200万円 約2200万円 約1000万円の増額

事案の概要

事故態様は、自転車に乗車していたご依頼者様に、加害四輪車が正面衝突したというものです。
この事故によって、ご依頼者様は大腿骨頚部骨折や骨盤骨折、腰椎圧迫骨折等の傷害を負い、大腿骨に関しては治療のために人工骨頭置換術をを受けなければならなくなりました。
その後、後遺障害等級が認定された段階で、相手方保険会社より賠償金が提案されたので、その額が適切かどうか、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士法人ALGの担当弁護士が、相手方からの賠償金の提案を見たところ、併合9級との認定があるにもかかわらず、労働能力喪失率が14%に抑えられている等、低水準にとどまっていたことから、1000万ほど増額する見込みがあると判断し、ご依頼をうけました。

その後、相手方保険会社に対し、裁判基準をもとに損害賠償請求を行ったところ、事故前からご依頼者様の骨が脆くなっていた疑いがあるとか、過失割合について争うつもりがあるなどと主張されました。
しかし、ご依頼者様の骨密度が通常人よりも低く疾患に当たるとの立証はなく、また過失割合に関しても根拠に乏しかったため、その旨の反論を行ったところ、交渉開始から3か月ほど時間はかかりましたが、無事1000万円程度の増額を認めさせることが出来ました。

少し時間はかかりましたが、根拠に乏しい相手方保険会社の主張に怯まずに交渉した結果、約1000万円の増額を得られた事案だと考えます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら