メニュー

交通事故弁護士

交渉の結果、過失割合を有利に修正でき1900万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉の結果、過失割合を有利に修正でき1900万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
併合10級
ご依頼者様の症状:
脊柱変形
腰痛・背部痛
耳鳴り
下肢短縮
股関節痛等
争点:
賠償金額
過失割合
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 1900万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 治療中 併合10級 認定をサポート
過失割合 40% 実質5% 有利に修正

事案の概要

ご依頼者様は、脚立に上って作業する仕事中に、バイクが脚立に衝突したために高所から道路に落下するという事故に遭われました。事故によって、大腿骨骨折、腰椎破裂骨折、橈骨骨折などの重傷を負い、2回の手術などの治療を経ても、下肢短縮及び股関節痛等、腰痛及び背部痛、耳鳴りといった症状が残ってしまい、就労が大きく制限されていましたが、相当の治療期間を経て、症状固定及び後遺障害申請の時期が迫っていました。また、ご依頼者様は仕事中に事故に遭ったところ、ご依頼者様の使用者にも責任があると考えられる事案であり、過失割合の合意が難しいことが予想されました。

上記事情の下において、ご依頼者様は、今後どのように進んでいくのか、後遺障害申請時にどのような対応をしたらよいのか、だれに賠償してもらうべきかなど、たくさんの不安をかかえて弊所にご相談にいらっしゃいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

後遺障害申請については、ご依頼者様の怪我の部位が多く、症状も複数であったことから、申請もれがないように、また、各症状に必要な検査・画像資料が揃っているか入念にチェックしました。結果、脊柱変形(腰痛及び背部痛の派生症状を含む)第11級7号、耳鳴りについて第12級相当、下肢短縮障害(股関節痛等の派生症状を含む)について第13級8号が認定され、併合第10級となりました。

その後、上記自賠責の後遺障害認定結果に基づき、バイク側の保険会社と損害賠償交渉を行いました。保険会社は、訴外交渉であることから、慰謝料等について低い基準を提示し、また、過失割合について、作業現場の安全確保に問題があったとして、ご依頼者様側に40%の過失がある旨主張してきました。しかし、事故が発生した作業現場を警備し、安全を確保する義務は使用者にあったものであり、ご依頼者様に過失はない旨強く主張し、過失について争いました。
粘り強く交渉した結果、自賠責保険金を除いて1900万円で合意が成立し、実質的には5%程度の過失相殺率で示談することができました。

適正な賠償額を獲得できたことだけでなく、事故当事者が三者のため訴訟になる可能性が高かったところ、交渉で解決することができたことも、ご依頼者様のお役に立てた点だと考えています。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら