メニュー

交通事故弁護士

逸失利益について粘り強く交渉し、600万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

逸失利益について粘り強く交渉し、600万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
鎖骨変形
鎖骨部痛等
争点:
逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 600万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 治療中 12級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、自転車で歩道を走行中に、安全確認不十分の路外進出車に衝突される事故に遭い、鎖骨骨幹部骨折の傷害を負いました。
ご相談時は治療中でしたが、休業損害に関するトラブルなど、保険会社との交渉がご負担で弁護士に任せたいと考えられ、弁護士法人ALGにご相談くださいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は治療中であったことから、まずは休業損害がスムーズに支払われるようにして、治療に専念していただけるようにしました。その後、自賠責保険に対して後遺障害認定申請を行い、鎖骨変形として別表第二第12級5号が認定されました(鎖骨部痛は、上記変形障害の派生症状として含まれて評価されました。)。

その後、自賠責の後遺障害認定結果に基づき、相手方保険会社と損害賠償交渉を行いました。この点、ご依頼者様に認定された後遺障害は鎖骨変形であり、裁判実務上も、労働能力の喪失が否定ないし制限されることが少なくありません。そのため、相手方保険会社は、逸失利益について、極めて短い労働能力喪失期間を主張し、300万円に満たない低額の賠償案を提示してきました。
しかし、上記相手方保険会社の主張は想定内であり、ご依頼者様には変形障害のみならず疼痛症状及び多少の可動域制限もあること、それらによる労働及び日常生活における支障を具体的に説明し、併せて類似のケースで逸失利益を認める裁判例を挙げて交渉しました。粘り強く交渉した結果、ご依頼者様にも過失がありましたが、自賠責保険金を除いて600万円で示談することができました。
相手方保険会社の最初の提示額からかなり増額させることができ、ご依頼者様にもご納得いただけた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら