メニュー

交通事故弁護士

約2月の交渉期間で賠償金が約2.5倍増額し示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

約2月の交渉期間で賠償金が約2.5倍増額し示談が成立した事例

後遺障害等級:
12級13号
ご依頼者様の症状:
右足関節の痛み
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約290万円 約750万円 約460万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、横断歩道を自転車で横断中に相手車に衝突されて右距骨骨折の傷害を負い、右足関節の痛みに関し、自賠責の後遺障害等級12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)が認定されました。
その後、相手方保険会社から賠償案が提示されましたが、ご依頼者様は、相手方保険会社との賠償額の交渉を進めるにあたり、専門家に委ねた方が良いとお考えになり、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当初、相手方はご相談者様の過失を主張していませんでしたが、事故態様からすると弊所介入後は当然に過失の主張をしてくるものと思われました。そのため、ご相談の時点で、過失について説明を尽くしたうえで、ご依頼いただきました。

相手方は、実通院日数分の主婦休損しか認定していませんでしたが、距骨骨折のため通院日以外も家事に支障が生じていたことを詳細に主張した結果、治療期間中の主婦休損が認定されました。
また、他の損害項目についても、残存している症状等を丁寧に説明した結果、約2月の交渉期間で当初の提示額の約2.5倍となる約750万円にて示談をすることができました。

要点を踏まえた説得的な主張をすることで、短期間に相手方から大幅な増額を引き出すことができた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら