メニュー

交通事故弁護士

後遺障害認定を入念にサポートした結果、約2500万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害認定を入念にサポートした結果、約2500万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
併合9級
ご依頼者様の症状:
肘関節の可動域制限
左足部の疼痛
左足第2指の機能障害等
争点:
症状固定時期
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 2500万円(自賠責保険金を除く) 適切な賠償金を獲得
後遺障害等級 認定前 併合9級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、センターラインオーバーの車両に正面衝突され、上腕骨骨幹部開放骨折、第1・2中足骨骨折、第2趾基節骨骨折等の傷害を負いました。
ご相談時、ご依頼者様は一旦症状固定と判断され、後遺障害診断書をお持ちでしたが、その後も症状が安定せず自費での通院を余儀なくされていたこと、後遺障害診断書に不備が見られたこと等から、後遺障害を申請するにあたり、専門家に委ねた方が良いとお考えになり、当弁護士法人にご依頼されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、後遺障害の申請準備を進めるにあたり、残存している症状及びその症状に対する検査・画像資料の確認を行い、後遺障害診断書の記載内容を入念にチェックしました。
また、ご依頼者様は、一旦症状固定と判断された以降も患部の手術を受けられる等、治療を要していたため、症状が安定してから再度、医師に症状固定時期に関する確認を行い、併せて、傷病名や自覚症状、検査結果の誤記等の追記・修正をお願いしました。

その結果、ご依頼者様は自賠責において、肘関節の機能障害について10級10号、左足部の疼痛について12級13号、左足第2足の機能障害について13級10号、膝関節の疼痛について14級9号、右足部の疼痛について14級9号(併合9級)が認定されました。
自賠責において認定された後遺障害等級は、予期したとおりのものであったため、スムーズに示談交渉に移行することができ、その後、相手方保険会社と粘り強く交渉した結果、こちらの請求額に近い額である約2500万円(自賠責保険金を除く)で合意が成立し、示談することができました。

後遺障害診断書の内容を精査し、入念なチェックを経たうえで申請したことが満足のいく後遺障害等級の認定につながり、その結果、適正な賠償額の獲得につながった事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら