メニュー

交通事故弁護士

TFCC損傷等で後遺障害等級12級相当の認定を受け、交渉の結果約1000万円増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

TFCC損傷等で後遺障害等級12級相当の認定を受け、交渉の結果約1000万円増額した事例

後遺障害等級:
12級相当
ご依頼者様の症状:
TFCC損傷
争点:
逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約800万円 約1800万円 約1000万円増額

事案の概要

事故態様は、停車中に後方車両より追突されたというものでした。ご依頼者様は、事故の衝撃で、ダッシュボードに手を打ち付けてしまい手関節捻挫、TFCC損傷等の傷害を負いました。
その後、半年ほど通院されましたが、手関節痛や前腕の回内・回外の可動域制限が改善しないまま症状固定に至り、自賠責保険より後遺障害等級第12級相当との認定を受けました。
この段階で、相手方保険会社より賠償の提案があったため、適正な賠償金か判断するために弁護士法人ALGにご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士法人ALG東京オフィスの担当弁護士が相手方の提案を確認したところ、かなり低めに見積もられた賠償に見えました。特に、労働能力喪失期間が5年に制限されており、逸失利益の額が低額でした。
その旨の説明を行い、増額の見込みがあると説明し、ご依頼者様から依頼を受けました。
受任後、相手方保険会社に対し、器質的損傷に基づく後遺障害の労働能力喪失期間が安易に制限されるべきではない旨を記載した請求書を送ったところ、相手方保険会社もそれを受け入れ、最終的に約1000万増額した、約1800万円の支払いにて示談に至ることができました。
ご依頼後、2ヵ月程度で示談に至れたため、増額の幅もそうですが、迅速な解決ができたことでご依頼者様にご満足いただけた事案であったと考えます。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら