メニュー

交通事故弁護士

ご依頼から2か月程度で約900万円増額し示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ご依頼から2か月程度で約900万円増額し示談が成立した事例

後遺障害等級:
12級8号
ご依頼者様の症状:
長管骨の変形
争点:
慰謝料額
逸失利益額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約900万円 約1800万円 約900万円増額

事案の概要

事故態様は、歩行者が横断歩道ではない車道を横断中に、車両に衝突したというものでした。この事故によって、ご依頼者様は足関節脱臼骨折等の傷害を負い、かなり長期間入通院しました。
長く続いた治療の結果、最終的には、下腿部分に、長管骨の変形を残すものとして、自賠責保険より、後遺障害第12級8号の認定を受けました。
この段階で、相手方保険会社より賠償の提案があったため、適正な賠償金か判断するために弁護士法人ALGにご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士法人ALG東京オフィスの担当弁護士が相手方の提案を確認したところ、増額の見込みこそあるものの、なかなか難しい提案でした。後遺障害部分の補償額が低額に制限されていた点はともかく、傷害慰謝料については一概に低額とも言い切れませんでした。
ご依頼者様の治療期間は、数年に及ぶものであり、通院頻度がそれほど多かったわけでもなかったからです。
ただ、それでも一定以上の増額の見込みがあると説明し、ご納得いただいた上で、ご依頼を受けました。
その後、いろいろありましたが、最終的には傷害慰謝料部分も100万程度増額させることができ、ご依頼から2か月程度で、約1800万円を支払うとの示談に至ることができました。
増額の程度もそうですが、長く続いた交通事故の問題が解決できたこと自体を喜んでいただけた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら