メニュー

交通事故弁護士

紛争処理センターを利用し賠償金1100万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

紛争処理センターを利用し賠償金1100万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
9級
ご依頼者様の症状:
肩部痛及び肩関節可動域制限
物忘れ
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 1100万円 適切な賠償金を獲得
後遺障害等級 治療中 9級 等級認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、歩行中にブレーキとアクセルを踏み間違えた車両に後方から衝突される事故に遭い、鎖骨骨折、外傷性くも膜下出血等の重傷を負いました。
お怪我が大きかったこと、弁護士費用特約をご利用いただけたことから、間違いのない解決を希望され、弁護士法人ALGにご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療を経ても、ご依頼者様には鎖骨骨折後の肩部痛及び肩関節の可動域制限と頭部外傷後の物忘れの症状が残存し、自賠責保険において、「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」として第9級10号が認定されました。

上記等級認定結果に基づき、相手方保険会社と示談交渉を行ったところ、相手方保険会社は、訴外解決を理由に慰謝料を減額する、逸失利益について労働能力喪失期間を制限するなどして、750万円程度の不十分な賠償額しか提示しませんでした。その後、交渉を重ねましたが、回答が遅い、主張を変遷させるなどの交渉態度であったため、交渉が円滑に進みませんでした。
そのため、紛争処理センターを利用することとしたところ、第1回期日にて、ほぼ当方の主張どおりの和解案が提示され、1100万円で示談に至りました。
解決手段を適切に選択したことにより、適正な賠償額で速やかに解決できた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら