メニュー

交通事故弁護士

紛争処理センターへ和解あっ旋申立ての結果、保険会社の提示額から約5倍増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

紛争処理センターへ和解あっ旋申立ての結果、保険会社の提示額から約5倍増額した事例

後遺障害等級:
12級13号
ご依頼者様の症状:
せき髄損傷
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約260万円 約1300万円 約1040万円増額

事案の概要

ご依頼者様が自動二輪車にて優先道路を直進にて走行して交差点に進入したところ、相手方自動車(四輪車)が劣後道路から直進にて走行して交差点に進入したことで、衝突したという事故でした。ご依頼者様は、本件事故により、頸髄損傷(中心性)の損傷を負い、約1年ほど通院されましたが、両手の痺れ症状が改善せず、症状固定と診断を受けました。

等級認定の際にも、問題がありましたが、その後無事第12級13号の認定を得られ、その段階で相手方保険会社から賠償金の提案を受けたことから、それが妥当であるかどうかを確かめるために、弁護士法人ALGにご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

東京オフィスの担当弁護士が賠償金の提案を確認したところ、ほぼ自賠責保険金限度額が提案されているだけであって、本件の事故態様からすれば、一見して低額な賠償金の提案であると判断しました。
ご依頼者様の後遺障害が、せき髄=中枢神経の障害であることも鑑みれば、大幅な増額が見込めるとご説明し、ご依頼をいただきました。

その後、保険会社と交渉をした結果、数百万円増額した金額を再提案してきましたが、それでも未だ特段の理由もなく、低い水準の賠償金の提案にとどまっていたことから、当事者間では解決できないと判断し、ご依頼者様に説明のうえ、紛争処理センターへ和解あっ旋申立てを行いました(事実関係に争いがあったわけではありませんので、訴訟よりも早期に解決が可能だと考えました。)。

しかし、その後の和解あっ旋においても、相手方保険会社が和解あっせん案を受け入れず、不調に終わったことから、最終的には審査会による判断を仰ぐこととなりました。

最終的には、ほぼこちらの主張が受け入れられ、約1300万円を支払うとの裁定がなされました。
相手方保険会社の当初提案と比べれば、約5倍の賠償金になったこともあり、ご依頼者様には大変満足いただけた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら