メニュー

交通事故弁護士

後遺障害等級が非該当とされたが、異議申立の結果10級が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害等級が非該当とされたが、異議申立の結果10級が認められた事例

後遺障害等級:
10級10号
ご依頼者様の症状:
肩関節機能障害
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約2500万円 適切な賠償金を獲得
後遺障害等級 非該当 10級 異議申立の結果

事案の概要

ご依頼者様は、自動二輪車で走行中、渋滞車列をすり抜けてきた相手方が運転する自動二輪車と衝突しました。
当初より肩の疼痛及び機能障害などを訴えられており、MRIなどの所見でも肩関節部に外傷性の所見があるとされていました。
受傷後、治療中の段階で、早いうちから専門家に任せたいということで、弁護士法人ALGにご依頼いただきました。

その後、1年程度治療を継続したものの肩関節の機能障害が改善せず、症状固定と診断されたため、後遺障害等級認定申請を行ったところ、自賠責保険より、肩関節に外傷性変化は認められず、肩関節の機能障害は自賠責保険における後遺障害に該当しないとの結果が返ってきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

東京オフィスの担当弁護士としても、この結果は予想外であり、ご依頼者様に流れをご説明のうえ、自賠責保険に対して異議を申立てることになりました。
撮像されていたMRIについて、改めて画像鑑定を行い、肩関節における外傷所見を明確化し、併せて入通院先のカルテ等から経時的な症状経過を確認のうえ、担当弁護士が異議申立書を作成し、自賠責保険に対して異議を申立てました。
そうしたところ、肩関節部分に、機能障害の原因となる外傷性変化を認めるとして、第10級10号に該当するとの結果が返ってまいりました。

その結果を受け、相手方保険会社と交渉したところ、最終的には、自賠責保険金を含めて約2500万円を支払うとの示談を締結することができました。
当初、後遺障害等級非該当とされたときは、衝撃を受けましたが、あきらめずに異議を申立てたことで、ご依頼者様が事故で受けた損害について、正当な補償を獲得できた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら