メニュー

交通事故弁護士

交渉した結果、平均賃金で逸失利益が認められ1100万円で示談が成立した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉した結果、平均賃金で逸失利益が認められ1100万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
11級
ご依頼者様の症状:
腰椎部の変形障害
争点:
慰謝料
逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 1100万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 11級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、友人の運転する車両に同乗中に交通事故に遭い、胸腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。そして、症状固定時においても腰椎の変形及び腰痛の後遺症が残ったため、適正な後遺障害認定及び被害賠償を希望され、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の後遺症については、自賠責保険において脊柱変形障害として第11級7号が認定され、適切な後遺障害であるといえましたので、速やかに示談交渉に移行しました。
示談交渉において、保険会社は極めて低い慰謝料額を提示してきました。また、ご依頼者様は症状固定時20代前半の若年であったため、逸失利益の基礎収入額が争いとなりました。

逸失利益に関し、若年者については、事故前の現実収入額が賃金センサスの平均賃金センサスを下回っている場合でも、将来平均賃金程度の収入を得られる蓋然性があるときは、平均賃金を基礎収入として算定することができます。
そのため、担当弁護士において、ご依頼者様について将来平均賃金程度の収入を得られると考えられることを主張立証した結果、賃金センサスの男性全年齢平均賃金を算定の基礎とすることが認められました。また、慰謝料についても、裁判基準に近い額まで増額され、既払金・自賠責保険金を除いて1100万円を支払う内容で示談を成立させることが出来ました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら