メニュー

交通事故弁護士

適正と言い難い賠償案から、交渉の結果総額1500万円の賠償を受け取ることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

適正と言い難い賠償案から、交渉の結果総額1500万円の賠償を受け取ることができた事例

後遺障害等級:
10級
ご依頼者様の症状:
左肩関節の機能障害(可動域制限)
左肩痛
痺れ等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 総額1500万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 10級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、知人車両に同乗中に、一時停止規制に違反して交差点に進入した加害車両に衝突される事故に遭い、左上腕骨骨折、頚椎捻挫、腰椎捻挫等のけがを負いました。骨折という重傷を負ったこと、弁護士費用を補償する保険が使えたことから、加害者側保険会社とのやりとりの負担を軽くして治療に専念するために、治療中に当法人にご依頼されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療中は、加害者側保険会社からの治療費の打ち切りの打診などに対し、医療機関に症状経過、治療方針等を照会するなどして治療の必要性を疎明し、症状固定まで加害者側保険会社に対応してもらうことができました。
治療によっても、残念ながらご依頼者様には左肩の関節機能障害、左肩痛等の後遺症が残ってしまいましたので、自賠責保険に対し、被害者請求で後遺障害申請を行い、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」として10級10号の認定を受けました。

適切な後遺障害等級が認定されたことから、その後、示談交渉を行いました。加害者側から最初に提示された賠償案は、慰謝料が低額にとどまる、休業損害について休業期間が制限されている、逸失利益について労働能力喪失期間が原則より制限されている、同乗者であったにも関わらず過失相殺するなど、適正とはいい難い内容でしたが、弁護士の交渉により、当初提示額より300万円以上増額して総額約1500万円の賠償を受けることができました。

治療中からご依頼いただいたことで、必要な治療の確保、適切な後遺障害等級認定、適正な賠償金の獲得とトータルサポートさせていただくことができ、被害回復に役立つことができました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら