メニュー

交通事故弁護士

1ヵ月半の短期間で、慰謝料と逸失利益あわせて260万円以上増額した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

1ヵ月半の短期間で、慰謝料と逸失利益あわせて260万円以上増額した事例

後遺障害等級:
12級
ご依頼者様の症状:
右肩関節の機能障害(可動域制限)
右肩関節痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約316万円 約580万円 約264万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、バイクで走行中に自動車に衝突される事故に遭って右肩甲骨骨折、肋骨骨折等のけがを負い、右肩関節の機能障害(可動域制限)、右肩関節痛等の症状を残し、自賠責において、後遺障害12級6号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)が認定されました。
そして、加害者側の保険会社から賠償案を提示されましたが、このまま示談してしまってよいのか疑問に思われ、専門家に依頼する必要を感じて、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

加害者側保険会社からの賠償案は、慰謝料がかなり低く算定され、逸失利益の労働能力喪失期間も原則より短い期間に制限されており、適正な損害賠償額であるとは言い難い内容でした。そのため、裁判基準に引き直して算定し、加害者側保険会社と交渉したところ、過失相殺前で慰謝料について約200万円、逸失利益について約170万円増額することができ、過失相殺をしても260万円以上増額して示談することができました。

ご依頼前の賠償案から大幅に増額できたことに加え、約1か月半という短期間で解決できたことも、ご依頼者様に満足していただけました。交通事故事件の経験豊富な事務スタッフが弁護士をサポートする当法人であるからこそのスピード解決であったと思います。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら