メニュー

交通事故弁護士

後遺障害の申請前からの介入で、妥当な等級と賠償金800万円を獲得した事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害の申請前からの介入で、妥当な等級と賠償金800万円を獲得した事例

後遺障害等級:
併合9級(足指の欠損障害10級9号、足指の機能障害12級12号)
ご依頼者様の症状:
走行時の痛み
長時間の立位困難等
争点:
過失割合
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 800万円 適切な賠償金を獲得
後遺障害等級 申請前 併合9級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、バイクを運転していたところ、車両と衝突・転倒し、母趾基節骨開放骨折等の傷害を負いました。
事故態様に争いがあり、相手方が当初から対人対応を拒んでいたため、ご依頼者様は、専門家に委ねた方が良いとお考えになり、当弁護士法人にご依頼されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、健康保険を使用して約9か月間治療をし、症状固定となりました。
しかし、相手方が対人対応を拒んでいたため、経過の診断書等が不足していたため、各病院に対し、診断書の作成・訂正等を依頼のうえ、後遺障害申請手続きを行いました。
その後、ご依頼者様は、自賠責保険において、併合9級(足指の欠損障害10級9号、足指の機能障害12級12号)が認定されました。そこで、相手方に損害賠償請求を行ったところ、相手方は無過失を主張し、支払いを拒んできたため、訴訟に移行することになりました。
訴訟においては、相手方の過失及び各損害費目について、具体的な資料に基づき、説得的に主張をした結果、裁判所より、損害費目はほぼこちらの主張どおり、相手方の過失は3割、最終支払額800万円という和解を成立させることができました。

後遺障害の申請前から介入したため、妥当な等級の獲得、資料収集等をスムーズに進めることが出来た事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら