メニュー

交通事故弁護士

交渉をした結果、当初の提示からすれば約3倍である約2600万円の賠償金を相手方保険会社が支払う形で示談できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉をした結果、当初の提示からすれば約3倍である約2600万円の賠償金を相手方保険会社が支払う形で示談できた事例

後遺障害等級:
別表第二第8級相当
ご依頼者様の症状:
脊柱変形
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約840万 約2600万 約1760万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、自家用車に乗車中に、対向車がセンターラインをオーバーして正面衝突してきたことで、胸腰椎に圧迫骨折の傷害を負いました。
その後、治療を継続したものの、脊柱に後彎が残ったことから、「せき柱に中程度の変形を残すもの」として、別表第二第8級相当の後遺障害に該当するとの認定を受けました。

この段階で、相手方保険会社より賠償の提示をされたため、同額が適正かどうか判断するため、当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士が賠償金の提案を確認したところ、ほぼ自賠責保険金限度額が提案されているだけであって、本件の後遺障害の程度からすれば、一見して低額な賠償金の提案であると判断しました。

そのため、大幅な増額が見込めるとご説明し、ご依頼をいただきました。
その後、保険会社と交渉をした結果、ご依頼いただいてから2ヵ月ほどで、相手方保険会社が約2600万円を支払うとの形で示談することができました。

当初の提示からすれば、賠償金が約3倍になったこともあって、ご依頼者様には大変感謝された事案でした。

後遺障害等級が認定されたとしても、当初は自賠責保険金の限度額程度の賠償しか提案してこない保険会社というものは、未だに散見されます。後遺障害等級が認定され、賠償案が提示された際には、一度弁護士にご相談されることを強くお勧めいたします。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら