メニュー

交通事故弁護士

加害者が任意保険に加入していなかった死亡事故において、自賠責保険に対して被害者請求を行うことで約2300万円を回収することができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

加害者が任意保険に加入していなかった死亡事故において、自賠責保険に対して被害者請求を行うことで約2300万円を回収することができた事例

ご依頼者様の症状:
死亡
争点:
被害者請求
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 2300万 適切な賠償金を獲得

事案の概要

事故態様は、夜間、横断歩道を赤信号で横断中の被害者が、加害自動車と衝突し、亡くなられたというものです。
しかも、加害者側は任意保険に加入しておらず、ご遺族の方は、どうやって解決していけばよいかわからないとのことで、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士は、ご遺族の方に対して、証拠上、赤信号を横断していた事故であることは否定し難いこと、また加害者が任意保険に加入していなかったことから、自賠責保険に対して被害者請求を行うことで、損害を填補すべき旨をご説明し、被害者請求の手続きについて、ご依頼を受けました。

事故直後にご依頼いただいたこともあってか、若干資料収集に手間取りましたが、ご依頼いただいてから3~4か月程度で、見込みどおり自賠責保険金として約2300万円を回収することができました。

ご依頼者様に一定以上過失がある場合や加害者が任意保険に加入していない場合などは、積極的に自賠責保険を活用すべき場合があります。
ただ、突然の交通事故で親類の命を奪われた遺族の方が個人で、資料集め等の対応を行うことは困難なこともあります。
当法人では、死亡の被害者請求のみをご依頼いただくこともございます。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら