メニュー

交通事故弁護士

検査を受けていただいた結果、自賠責において等級が14級から12級へ変更なり、賠償金が約850万円に増額できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

検査を受けていただいた結果、自賠責において等級が14級から12級へ変更なり、賠償金が約850万円に増額できた事例

ご依頼者様の症状:
難聴に伴う耳鳴
争点:
後遺障害等級
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級 12級 認定をサポート
賠償金額 約170万円 約850万円 適切な賠償金を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、交通事故に遭われて頚椎捻挫の怪我を負い、難聴を伴う耳鳴りを発症しました。ご相談時、自賠責保険において「難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの」として14級相当が認定され、相手方保険会社より賠償金として約170万円が提示されていましたが、賠償金が妥当なのか疑問に思われ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、ご相談時には14級相当という等級認定について、特に疑問を持たれていませんでした。しかし、お話を伺うと、耳鳴に係る検査を受けられた様子ではありませんでした。また、ご依頼いただいた後、後遺障害診断書等の資料を確認しても、検査が実施された様子はありませんでした。
そのため、上記事情をご依頼者様に説明し、まずは耳鳴に係る検査を受けていただきました。また、検査結果について医療機関に問い合わせたところ、ご依頼者様の耳鳴は、耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴があると評価することができるといえたため、自賠責に対し、異議申立てを行いました。

結果、自賠責において等級が変更され、「耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの」として12級相当が認定されました。
損害賠償額に関しても、交渉を重ねた結果、慰謝料、逸失利益について裁判基準に近い金額が認められ、ご依頼前と比較して大幅に増額して示談することができました。異議申立ても含めてご依頼から3ヶ月程度で解決することができたのは、多くの事件を扱うことによりノウハウを蓄積している当法人だからこそであると思います。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら