メニュー

交通事故弁護士

確定申告等をされていない自営業者であっても、休業損害等に関して最終的な総損害額約350万円を受け取ることができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

確定申告等をされていない自営業者であっても、休業損害等に関して最終的な総損害額約350万円を受け取ることができた事例

後遺障害等級:
併合14級(頚部痛及び腰部痛に関し、各々14級9号)
ご依頼者様の症状:
頚部痛及び腰部痛
争点:
休業損害
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 約350万円 適切な賠償金を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、路肩に停車していたところ、後方から相手方が運転する車両に追突され、頚椎捻挫及び腰背部打撲傷等の傷害を負い、治療を開始しました。
ご依頼者様は、以前に遭った交通事故に関し、知り合いの弁護士に示談交渉を依頼していましたが、その対応に疑問を抱いていたため、本件交通事故は、専門家に委ねたいとお考えになり、当法人に当弁護士法人にご依頼されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

自営業者であるご依頼者様は、本件事故により休業していましたが、確定申告をしていませんでした。
この点、ご依頼者様には、ご相談時に、収入を証明する資料がない場合は休業損害等の支払いを受けることは難しい旨、丁寧に説明をしていたため、相手方保険会社には、名目は特定せずに内払いを求め、休業期間中の生活費に充ててもらうことにしました。
一方、相手方保険会社とは、早期から休業損害について交渉を重ね、取引先に支払証明書の作成を依頼する等、できるかぎり収入を裏付ける資料を収集していきました。
その結果、休業損害等に関し、こちらが揃えた資料に基づき算出した額の支払いを受けることができ、最終的な総損害額約350万円にて示談を成立させることができました。
原則として、確定申告等をされていない自営業者の休業損害は否定されますが、取引先などの協力もあり、支払いを受けられた事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら