メニュー

交通事故弁護士

調査・説明を尽くした結果、過失割合は5%、逸失利益として最終的に自賠責保険金を含む約1500万円を獲得できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

調査・説明を尽くした結果、過失割合は5%、逸失利益として最終的に自賠責保険金を含む約1500万円を獲得できた事例

後遺障害等級:
併合11級(12級7号及び12級13号)
ご依頼者様の症状:
足関節の機能障害
足の疼痛等
争点:
過失割合
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 10:90 5:95 適切な過失割合
賠償金額 提示前 約1500万円 適切な賠償金を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、丁字路交差点をバイクで進行しようとしていたところ、右方から、ご依頼者様が走行していた車線に進入してきた相手方が運転する車両に衝突され、リスフラン関節靭帯損傷等の傷害を負いました。
申立人は1年半ほど治療をされたうえで症状固定となり、前任の弁護士にその後の手続きを依頼しましたが、作成された後遺障害診断書の記載に不備があると考えておられ、また、過失割合にも疑問を抱かれていたため、前任の弁護士の解任を希望し、当弁護士法人にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、後遺障害診断書に追記すべきことの有無及びその内容の調査を希望されていたため、各病院の診療録の開示請求を行いました。
ご依頼者様の受診先が多く、また、複数回の入院などもあったため、診療録の取り付け及び内容の確認に時間がかかりました。また、ご依頼者様と相談・打ち合わせを重ねたうえで、病院に訂正等を依頼したこと等により、受任から後遺障害の申請までに1年以上の歳月を要しました。
もっとも、調査及び説明を尽くして後遺障害の申請手続きをした結果、認定された後遺障害等級はご依頼者様が納得できるものであったため、その後はスムーズに賠償交渉に移行することができました。
交渉において、相手方は従前の主張を覆して、ご依頼者様の過失を10%と主張してきましたが、事前に取り付けておいた刑事記録をもとに、5%が妥当である旨、主張しました。
また、相手方は、逸失利益における労働能力喪失率については、12級相当である14%の主張をしてきましたが、ご依頼者様が認定された等級の内容及び現在の症状等を踏まえ、併合11級の喪失率である20%が妥当する旨、反論をしました。
その結果、ご依頼者様の過失割合は5%、逸失利益は、こちらの主張するものに近い額を引き出すことが出来、最終的に約1500万円(自賠責保険金を含む)を獲得することが出来ました。
ご依頼者様に納得していただけるよう、調査・説明を尽くした結果、よりよい解決につながった事案でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら