メニュー

交通事故弁護士

ご依頼を受けてから約2か月ほどで倍近い賠償額を獲得できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

ご依頼を受けてから約2か月ほどで倍近い賠償額を獲得できた事例

後遺障害等級:
別表第二第11級7号
ご依頼者様の症状:
胸椎圧迫骨折
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約490万円 約910万円 依頼前より約2倍の賠償額

事案の概要

事故態様は、双方四輪車にて交差点に直進進入したところ出合い頭衝突したというものでした。
この事故によってご依頼者様は胸椎圧迫骨折の傷害を負いました。
その後治療を行ったものの、腰背部痛、胸椎の変形などを残して症状固定となり、自賠責保険より後遺障害等級別表第二第11級7号に該当するとの認定を受けました。
ご依頼者様は、後遺障害等級認定後に、相手方保険会社から賠償金の提示を受けたため、これが妥当なのかどうか判断するために、当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士が相手方保険会社からの賠償金の提案を確認したところ、一見して低額な賠償金の提案でした。そこで、増額の見込みがあるとしてご依頼を受けました。
ご依頼を受けた後は、担当弁護士が、資料精査のうえ、ご依頼者様が感じておられる就労への支障などを記載した損害賠償請求書を作成し、相手方保険会社と交渉を開始しました。
そして、ご依頼を受けてから約2ヵ月ほどで、相手方保険会社が約910万円を支払うという形で示談することができました。
約2か月ほどで倍近い賠償額となったため、ご依頼者様には喜んでいただけた案件でした。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら