メニュー

交通事故弁護士

不当な打ち切り対応に屈することなく後遺障害等級認定が受けられ、300万円以上の損害賠償を獲得できた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

不当な打ち切り対応に屈することなく後遺障害等級認定が受けられ、300万円以上の損害賠償を獲得できた事例

後遺障害等級:
併合14級
ご依頼者様の症状:
上肢のシビレ
下肢のシビレ等の症状
争点:
賠償金額
治療期間
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 315万円 適切な賠償金を獲得
後遺障害等級 併合14級

事案の概要

ご依頼者様は、四輪車で高速道路を走行中に、コントロールを失った四輪車に衝突される事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫等のけがを負いました。高速度で走行中の事故であり、車両の損傷も激しく、ご依頼者様は大変な恐怖を感じ、身体に強い影響を受けました。しかし、加害者側には早期に代理人弁護士が就き、3カ月程度で一方的に一括対応を打ち切りました。しかし、ご依頼者様はまだ首や腰の痛み、手足のしびれ等の症状に苦しんでいらっしゃいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療については、病院に事情を説明してなんとかご理解をいただき、健康保険に切り替えて治療を継続することができ、症状固定時に後遺障害診断書を作成していただくこともできました。
自賠責保険に後遺障害等級認定を申請したところ、上肢のシビレ及び下肢のシビレの症状について、いずれも「局部に神経症状を残すもの」として、第14級9号が認定されました。
その後、相手方代理人弁護士との間で損害賠償額について交渉しました。この点、事故態様等からすると、ご依頼者様の感じた恐怖は大変強く、十分な慰謝料が支払われて然るべきと考えられましたが、相手方代理人の提示した慰謝料は低額で、ご依頼者様にとって到底納得できないものでした。
そのため、速やかに訴訟提起し、裁判所が迅速に訴訟指揮してくださったこともあり、第2回期日で赤本基準満額の慰謝料が認められて和解が成立しました。
治療中から対応させていただいたことにより、不当な打ち切り対応に屈することなく後遺障害等級認定が受けられ、既払金を除いて300万円以上の損害賠償を受けることができ、ご依頼者様にもご納得いただける解決となりました。

東京オフィスの解決事例一覧はこちら