交通事故弁護士

異議申立により後遺障害等級非該当から14級が認められた事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

異議申立により後遺障害等級非該当から14級が認められた事例

後遺障害等級:
14級
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫など
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
宇都宮支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級 等級非該当からの認定

事案の概要

ご依頼者様(60代夫婦)が自動車で渋滞待ちをしていたところ、相手方車両に追突されました。ご依頼者様は、ともに頸椎捻挫などの怪我を負いました。

等級認定を行った結果、夫婦両名とも一度非該当となり、お二人とも納得できないということで当事務所にご相談頂きました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

既存の資料のみをもとに異議申立てを行なってもよかったのですが、主治医も協力的だと聞いたので、最新の症状につき診断書をとるとともに、以前の検査結果など主治医へ質問事項をいくつか箇条書きにして送り、その回答結果も得ることにしました。

回答内容では検査で陽性結果が出ているなどの事実が判明したため、異議申立ての理由でそれら新たに判明した事柄などにも触れ、申立てを行いました。
結果、夫婦両名とも14級に該当すると認められました。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら